協会について

ご挨拶

日本ヴィラ=ロボス協会が発足したのは1987年(ヴィラ=ロボス生誕100周年)のこと。協会会報誌である『ショーロス』第1号に、初代会長・村方千之氏はこのように執筆しています。

「ヴィラ=ロボスが本当の意味でこの日本で理解され、知られるにはまだ時間がかかるだろう。しかし必ずその時期がくるものと信じている。そのために協会は大きな役割を果たさなければいけない。」

そのあとの村方千之氏は、2014年に逝去される直前まで、ヴィラ=ロボスの音楽を日本に広げるために、協会の方々と共にあらゆる活動をされ、ブラジル政府からリオ・ブランコ勲章を受勲されるに至りました。ヴィラ=ロボスについての論考を執筆し、ヴィラ=ロボスの音楽だけでプログラムされたコンサートを企画し、東京交響楽団との演奏会においてもブラームスの交響曲第1番と共にヴィラ=ロボスの交響詩<<ウイラプルー>>を取り上げ、ブラジルに渡っては現地のオーケストラと何度もコンサートを指揮され……。村方会長から協会を引き継がせて頂くにあたって、村方会長の成された仕事の数々を整理するだけでその幅広い活動に目眩がするような思いが致しました。

さて、『ショーロス』第1号の発刊から30年あまりが経過した今、ヴィラ=ロボスについての理解や演奏の機会は格段に増えたと言えるでしょう。2016年の第33回日本管打楽器コンクールのファゴット部門の課題曲に<<七つの音のシランダ>>が指定されるなど、日本におけるヴィラ=ロボス受容は、明らかな進展を見せていますし、<<ブラジル風バッハ>>や、<<ショーロス>>などのギター曲、小編成の室内楽曲など、日本各地でプロ・アマを問わず演奏されている曲も数多くあると思います。

では現代において、日本ヴィラ=ロボス協会は何を果たし得るでしょうか。私は、以下の三点を協会の活動の主軸にしたいと考えています。

第一に、ヴィラ=ロボスの音楽を愛する人たちが集うコミュニティを形成すること。駐日ブラジル大使館やリオのブラジル音楽アカデミーと連携を取りながら、これを進めて参ります。

第二に、初代会長・村方千之氏がブラジルと日本を往復して残された膨大な資料や自筆譜の数々、および過去の会報誌『ショーロス』などのデジタルアーカイヴ化を行い、後世にきちんと残していくこと。そのうえで、プロ・アマを問わず、ヴィラ=ロボスに関する資料や楽譜についてのお問い合わせをサポートできるような組織を作っていきたいと考えています。

第三に、演奏家と研究者が手を取り合ってヴィラ=ロボスについての包括的な理解を進め、日本におけるヴィラ=ロボス作品の演奏と研究に新しい知見をもたらす場となること。ヴィラ=ロボス研究にあたっての基本文献の多くは、いまだ日本語訳が出版されていない状況であり、これは早急に解決する必要があると考えます。演奏機会が格段に増えた今こそ、この偉大なる作曲家の作品をめぐる研究は勿論のことながら、作曲家自体についても、より広範な文脈のなかで捉え直すことが必要になってくるでしょう。そしていずれは、こうした演奏家と研究者の交流の成果発表の場として、シンポジウムとコンサートから成る催しを不定期に開きたいと思っています。

ヴィラ=ロボスの音楽を愛し、このウェブサイトを訪れて下さる方なら、きっと同意してくださると思うのですが、ヴィラ=ロボスの音楽には何ともいえない懐かしさと大らかさがあります。そして一度耳にすると頭から離れなくなるような魅力に満ちています。私も、その魅力にすっかりやられてしまい、音楽の道を志した一人であります。演奏家としてこの魅力をより深めると共に、多くの方に共感して頂けるように協会の一人として邁進致しますので、みなさまどうぞよろしくお願い致します。

日本ヴィラ=ロボス協会会長・指揮者
木許裕介


初代会長・指揮 村方千之

初代会長・指揮 村方千之

1925年生まれ。1955年東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。在学中より指揮法を金子登、渡邊暁雄に、卒業後は斎藤秀雄に師事。70年より東京音楽大学講師。75年、リオ・デ・ジャネイロでの第1回ヴィラ=ロボス国際指揮者コンクールに於いて特別賞を受賞、帰国後、受賞記念演奏会で東フィルや東京交響楽団を指揮。邦人作品をブラジルに紹介することをはじめ、82年にはヴィラ=ロボス国際コンクールの審査員として招かれるなど、日本とブラジルの音楽文化交流に尽力。

国内に於いてはヴィラ=ロボスの作品演奏会を幾度も企画・指揮・初演し、ヴィラ=ロボス作品の普及と紹介に多大な成果を上げた。さらにブラジルに招かれてブラジリア、リオ・デ・ジャネイロ、サンパウロなどで現地交響楽団を指揮、文化大臣セルソ・フルタード氏とも会見するなど、両国の音楽文化交流と国際親善に務めた。その功績により、88年、ブラジル政府から「リオ・ブランコ勲章」を受勲。また、50年にわたり指揮法教室を主催し、2014年に心不全のため他界するまで後進の育成に力を注ぎ続けた。日本ヴィラ=ロボス協会初代会長、日本指揮者協会および日本演奏連盟会員、東京都中学校吹奏楽連盟初代理事長。


第二代会長・指揮 木許裕介

第二代会長・指揮 木許裕介

故・村方千之氏に指揮法を師事。2018年、ポルトガルで開催されたBMW国際指揮コンクール(The BMW IV International Conducting Masterclass and Competition)にて第1位。同コンクール優勝は日本人として初となる。審査にあたったオーケストラ団員30名のうち10名が満点をつけるなど、圧倒的な成績を収めた。現在、宝塚ベガ・ジュニアアンサンブル常任指揮者、Serendipity Brass常任指揮者、日本ヴィラ=ロボス協会第二代会長などを務める。

2016年よりイタリアのボローニャ歌劇場およびマンゾーニ劇場で研鑽を積み、奈良平城宮で行われたボローニャ歌劇場との日伊国際共同制作オペラ「トゥーランドット」、およびボローニャ歌劇場フィルハーモニーの2017年度ニューイヤーコンサートにおいて芸術監督アシスタントを務めた。また、創設より一年半にわたってWorldship Orchestra正指揮者の任をつとめ、東南アジアを中心に国際的な活動を展開。これらの業績から、FACP(アジア文化芸術交流促進連盟)日本における最初の個人会員に抜擢され、その活動はバンコクにおけるFACP国際会議でも紹介された。

村方千之氏よりヴィラ=ロボスの演奏を学び、2011年以来ほぼ毎年「ブラジル風バッハ」をはじめとするヴィラ=ロボスの作品を演奏。2016年には駐日ブラジル大使館の後援およびアンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ駐日ブラジル大使の御列席を得て、東京文化会館にて、東京交響楽団フォアシュピーラーの黄原亮司氏らとヴィラ=ロボスをメインとしたリサイタルを企画・指揮。ヴィラ=ロボスのパリ遊学時代に着目した斬新なプログラムと演奏で好評を博す。演奏のみならず、ヴィラ=ロボスに関する論考執筆や翻訳にも取り組んでおり、2017年には駐日ブラジル大使館で『ヴィラ=ロボス生誕130周年記念展覧会』を主催。本展覧会のトータル・ディレクション、および2万字にわたるパネル原稿執筆を行った。

共著書に『二十歳の君へ』(文藝春秋社)、論文に『パリのヴィラ=ロボス -「ショーロス」から「ブラジル風バッハ」へ』(『明日へ翔ぶ』所収、風間書房、2017)など。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。代官山未来音楽塾副塾頭。東京大学教養学部地域文化研究学科フランス分科を経て、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文学・比較文化コース修士課程修了、修士(学術)。


2018年度役員

名誉会長 アンドレ・アランニャ・コヘーア・ド・ラーゴ(駐日ブラジル連邦共和国特命全権大使)

会長・理事長 木許裕介(指揮者)

副会長・副理事長 市村由布子(ヴィラ=ロボス研究者)

会計・理事 清水安紀(ピアニスト)

渉外・理事 清水由香(ピアニスト)

監事 杉田朋希(弁護士)

 


2018年度活動予定

第二期となる2018年度は、2017年に主催した「ヴィラ=ロボス生誕130周年記念展覧会」において収集したヴィラ=ロボス関係資料をもとに、ヴィラ=ロボスの生涯や作品についての整理を行います。また、駐日ブラジル大使館との連携を深め、ブラジル大使館において『ヴィラ=ロボスゼミナール -ヴィラ=ロボスの横顔-』と題した、多様な観点からヴィラ=ロボスを描き出すことを目的としたゼミナールを開催することが決定しております。

これらを通じて、ヴィラ=ロボスについての論考や研究を進め、日本におけるヴィラ=ロボス受容に貢献することを目指します。すでに複数の出版社および団体より、ヴィラ=ロボスの生涯および作品についての原稿執筆のオファーを頂いており、2018年会期中にそのうちの幾つかの成果を公開できることと思います。

また、これと並行して、当ウェブサイトの情報量の拡充を集中的に行います。弊協会には、デジタル化されていないヴィラ=ロボス関係文献が膨大な量存在しているため、これらのデジタル化を進めて公開を検討しつつ、当ウェブサイトがヴィラ=ロボスについての研究が集積された場所となるよう工夫して参ります。

最後になりますが、協会のさらなる活動のためには、協会を応援して下さる会員の方々、スポンサーの方々のお力が必要不可欠であります。弊協会のサポートを頂ける方を広く募っておりますので、ご関心をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひともお力をお貸し頂ければ幸いです。

 


2017年度活動実績

本年度は、村方千之初代会長の逝去以来、休止状態にあった日本ヴィラ=ロボス協会を再建し、外に開かれた協会として相応しい組織を構築することに尽力しました。協会の活動に賛同を頂き、12名の新規会員の方々からご入会を頂くこととなりました。

また、協会主催イベントとして、「ヴィラ=ロボス生誕130周年記念展覧会」を駐日ブラジル大使館で開催することを実現し、この成功から、駐日ブラジル大使および文化担当書記官に名誉会長・名誉会員としてご加入頂くこととなりました。

駐日ブラジル大使館との連携の強化から、来年度以降に当協会主催で、駐日ブラジル大使館において「ヴィラ=ロボスゼミナール」を開催することを検討しています。

 

・協会の運営体制、定款の刷新
・協会会員として、12名の新規加入を得る。
・ヴィラ=ロボスに関する楽譜のお問い合わせに対応
・ヴィラ=ロボスを取り上げるコンサートに対して、2件の後援を認定。
・名誉会員に、ブラジルの著名な現代音楽作曲家エジノ・クリーゲル氏ご加入
・「ヴィラ=ロボス生誕130周年記念展覧会」を駐日ブラジル大使館で開催
・名誉会員に、パウロ駐日ブラジル大使館一等書記官(文化担当)ご加入
・名誉会長に、ラーゴ駐日ブラジル特命全権大使ご加入